Who Are Youの解釈の違い

Pocket

例えば、オーディションや音楽の現場などで聞かれたりする。

直訳すると、「あなたは誰なのか」となるが、海外の音楽の場では、あなたはどういう人間なのか/あなたは何が出来るのかという意味合いになる。

日本では学歴やキャリア、共演歴などが分からないと「お前は誰だ」という表現になりがちだ。

しかしこの世界では、履歴書や職歴書の内容など誰も求めていない。そして、どれだけ早く手足を動かせるか、どれだけ難解なゴスペル・チョップが叩けるかなど、ドラマー以外の人間は誰も興味を持ってくれない

本来のポイントはそこではない。あなたがこの曲を叩いたらこういう感じになり、こういう表現になる、ということが伝えられれば正解だ。

そして当然、求められたことに対して、プラスアルファで自分なりの表現法を付け加えることが出来れば、なお素晴らしく評価される。

例えば、ラスベガス・カジノのナイト・ショーでのオールディーズ・TOP40バンドのドラマー・オーディションがあり、課題曲がEarth, Wind, & Fireの「September」だとしよう。

最初のイントロは、ハイハットだけ叩いてタイムをキープして、管楽器の大きなフレーズと共にフィルインを入れて8ビートに入る人もいれば、最初は何も叩かずにいきなり管楽器が入るところからビートを叩き出す人もいるだろう。

Aメロで歌が入り始めてからは、キックは1拍、3拍のみ踏むのか、またはずっと4分音符で踏むのか・・・様々なやり方があると思う。

すべては自分が気持ち良いと感じつつ、周りのバンドメンバーをきちんとサポート出来ていて、何よりも楽曲に合っていると感じたら、自信を持って堂々とその叩き方をして、自分にとってはこう感じるということを自己主張するべきだと思う。

くれぐれも、「自分は絶対にこのスタイルでしかやらないぜ」というアプローチにはならないように常に心がけたい。それだと単なるEgo(エゴ)になってしまう。

演奏の仕方、感じ方はひとりひとり当然違う。それが個性だ。音楽に個性がないなんて考えられない。自分自身はこういうミュージシャン・アーティスト・ドラマーだということが、人に伝えられることが素晴らしいことだと常に強く思っている。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です