ドラマーズショップ Drummer’s Shop

ドラム関連機材

DW(Drum Workshop社) : 5000ADH ドラムペダル
by カエレバ

 

マイケル・パッカー氏のブログでご紹介した、フット・テクニックの先駆者、マイケル・パッカー氏が開発・プロデュースしたキックペダルです。マイケル氏のレッスンでは、ペダルを踏んだ後に跳ね返りを使ってビーターを打面から離す(リバウンド奏法)を主に教え込まれます。より大きな跳ね返りを生むためには、ペダル上の足の位置はある程度自分の体寄りにいなければいけません。このペダルはご覧の通りかかとが着く部分がありません。かかと部分のプレートを無くすことによって、ペダルそのものの瞬発力が増し、跳ね返り(リバウンド)を利用して楽に・早く・安定して足を動かせます。ペダルに足を乗っけてスタンバイしている時は、かかとが床につく状態となります。このかかとが床についてる感覚が新しくて戸惑うかもしれませんが、体はすぐ慣れて思い通りに足が動くようになります。

——————————————————————— 

ROHEMA : ドラムスティック(Kombisticks) ヒッコリー Φ14.8 X 415mm 61309
by カエレバ

 

ドイツ・ROHEMA社のハイブリッド・スティックについてのブログでご紹介した、非常に様々なジャンルの楽曲で威力を発揮するアイテムです。片側が通常のスティック、もう片側がロッズになっています。例えば、1曲の中でAメロからサビに移るとき、ロッズからスティックへ持ち替えたいというようなシチュエーションで役立ちます。今までは、フロアタムにかけてあるスティックバッグから上手いタイミングで持ち替えたり、その他左側に持ち替えようのスティックやロッズを置ける何だかのスペースを確保しなければいけませんでした。しかし、このハイブリッドスティックがあればこのような手間はなくなり、持ち替えたい時にヒュっと回して持ち替えるだけで済みます(持ち替え方はもちろん自由)。

———————————————————————