ロサンゼルスの師匠たち②グレッグ・ビソネット氏

Pocket

僕自身の場合は↓

1, グルーヴを叩き始めて40秒後あたりから少しテンポが早くなる。

2, グルーヴを叩き始めて2分30秒あたりから、始めたテンポをキープ出来ているか分からなくなりふらつく(遅くなったり、速くなったりと波が大きくなる)。

3, 毎4小節目の4拍目のスネアだけ、やたら溜めすぎている(遅い)。

4, シンバルを叩いた直後に叩くバックビート、2拍目のスネアがハシる(速い)。

などといったことが分かった。

結論から言ってしまうと、浮き彫りになる問題は人によって異なるだろうし、問題の解決方法はたくさんあり、人によっても違うので、一丸とこうだとは言えない。自分なりの修正方法を探るのもこのセルフ・アナライジングのプロセスの1つでもある。

ただあくまで参考のため、上記1番目の問題点に関して、セルフ・アナライジングによって学べた内容をご説明したい。

まずテンポによっても異なるが、僕は当時苦手だったテンポ=100でやってみた。そして40秒くらいのところというのは、ちょうど16小節が終わったところであった。

直後に気が付いたが、その当時ライブで一番気合いを入れてやっていた曲(テンポ=100くらい)があり、その曲がちょうどAメロ・16小節から大サビに進行を繰り返す構成だった。必然的にサビに入る時、入った後にかけてハシる癖がついてしまっていたのだ。

この問題の解決法として、毎16小節ごとの移り変わりの部分の呼吸を整え、リラックスしてゆったりした感覚でやることによって、1番の問題はその後のセルフ・アナライジング数回の作業で解決が確認出来た。

これが1例だが、基本的にセルフ・アナライジングの作業とはこういう内容だ。この流れで一旦自分のタイム感の良い癖、悪い癖を理解すれば、あとは良い癖は利用してしまえばいいし、悪い癖や問題点に対しての対処法や修復法も必ず自然に見えてくる。

何よりも自分自身を客観的に見て理解することがすごく大切だと常に感じている。

Gregg氏もよく言っていた。「偉大なスタジオ・ドラマーたち、例えばSteve Gadd, Vinnie Colaiuta, John JR Robinsonらは、なぜあんなにタイム感が素晴らしいのか。それは毎日スタジオで自分のテイクをプレイバックして聞き直して、確認するという作業を何十年も続けているからだ」と。

最後に・・・

セルフ・アナライジング作業の際の注意点:

・録音時間は3分くらい

・シンプルな8ビート(キック・1拍、3拍/スネア・2拍、4拍)などを叩く。

・フィルイン(おかず)を叩かない。(4小節に1回シンバルを叩くくらいならOK)

・録音後、聞き直す時に、分かったこと・感じたこと全てを必ずメモする。この行為がセルフ・アナライジングに値する。ただただ、ぼーっとして聞き流しても意味はないので、全神経を耳に集中させてとにかく聞き込む。もし最初何も分からなくても、聞き取ろうという気持ちだけあれば耳もかなりワイド・オープンになり、必ず何らかの自分自身の演奏の癖が分かる。

ここで、Gregg氏のお勧めDVDをもう1枚ご紹介します。バンド演奏で非常に役立つ詳細事項など更に掘り下げた内容となっているので是非ともご覧になってみて下さい。
(↓こちらの写真から、または当サイトのドラマーズ・ショップからも詳細確認可能)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です